読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無邪気な時間は過ぎやすく

平野紫耀くんは研究対象。

ヒカリ探している




ジャニーズ・フューチャー・ワールド in 梅田芸術劇場に行って参りました!この熱量のまま、ブログを書かなくてはと思い、とりあえず作成画面を開いた。



博多座が感動的且つ惜しまれつつ終わり、自分の気持ちにもなんだか区切りが付いてしまっていた。しかし、手元にチケットがあったので、私は梅芸に行った。


博多座で岸くんの誕生日と千秋楽という、普段と違う空気感の日に観劇したので、正直最初はあまり期待してなかった。

自ら何かを見たいという気持ちよりは、ぼーっと目の前を見つめるようなそんな気持ちで観劇した。

しかし、こちら側がぼーっとしていても、訴えかけてくるものを感じた。それは関西ジャニーズJr.のパワーだ。スポットライトの当たらない場所に居ても、端にいても、彼らはただひたむきに踊っていた。そして、何より感じたのは、彼ら自身がこの舞台を楽しんでいるということだ。

関西ジャニーズJr.をしっかりと生では見たのは今回が初めてだった。東京だったら、ダンスが得意な子、アクロバットが得意な子、歌が得意な子、トークが得意なというようにそれぞれに得意なものがあるが、関西ジャニーズJr.はそれらを1人でこなしてしまう子が多い印象だった。きっと、自分が不得意な分野にも果敢に挑戦していく子が多いのだろうと思った。


そんな関西ジャニーズJr.たちが梅芸公演のキー的存在になっているような気がした。



そして、梅芸の舞台に立つ紫耀くんを見ながら、単純だが、この子は本当に何でもできる子だと思った。

歌も踊りも演技もフライングも、あそこまで完璧だと、周りから一目置かれるのが普通だと思う。しかし、誰に対しても紫耀くんは距離が近くて、いつもニコニコと周りを見守っているんだよね。そんなところが紫耀くんらしい座長の在り方だと思いました。


何を言いたいのか自分でもよく分からなくなってきたけど、紫耀くんを見ていると、離れようとしていた気持ちが一気に引き戻されました。ものすごい求心力。あんなに完璧なのに、それでも誰かを、何かを必要としてくれるのが彼の魅力なのかもしれません。

1人で生きていける人が誰かと支え合って生きていくことが大切なんだよね。


すっごく楽しかった大阪遠征。

大阪はまた来たいと強く思える場所でした。残りの公演も頑張れ。