無邪気な時間は過ぎやすく

平野紫耀くんは研究対象。

ジャニーズサマステキング 平野prince天才松松公演②



天才松松とprinceのパフォーマンス中、後ろでずーっと手拍子をしたり、コールをしたり、一生懸命盛り上げようとしてる紫耀くんがとても好印象でした!
パフォーマンスに見惚れつつ、時には不安そうな顔で見守っていて、立場は違えど同じステージで頑張る仲間なんだなと感じた。

紫耀「ここからですよ、みなさん。投票の方をしていきたいと思います。準備はいいですか〜?」
「「イェーイ!」」
紫耀「まずはですね〜天才genius松田松倉ぁ〜〜〜!」
「「……………イェーーーーイ!」」
歓声のタイミングが分からなくて、一瞬会場が凍りついたの面白かった。
すかさず「紫耀が合図した方がいいんじゃない?」と総ツッコミをうける。

紫耀「おれ、反省しないからね!!」
ここで駄々こねるみたいに主張する紫耀くんがめっっっっちゃ可愛かった!!

歓声はprinceの勝利。
紫耀「まだ決まってないですからね〜ちっちゃい子、あっ、こびとジュニアの投票がありますからね」
”こびと”にこだわる紫耀くん(笑)
ジュニア投票は3対3だったため、princeの勝利!!!

紫耀「ということでパフォーマンスバトルでしたーー!」
皆「ありがとうございましたー」
紫耀「ありがとんとん♡」

こっからが一応MCなのかな?
岸「いやーすごいね!紫耀、色んな最先端持ってる!」
(えっ?色んな最先端?ってなる会場)
岸「ありがとんとんといい、さっきもさ、こういうポーズ取ったり…(パフォーマンスバトル前の軽い踊りの話)」
紫耀「ポーズじゃない!踊りだからあれ!平野の舞?」
岩橋「岸くんと紫耀、髪型似てるよね」
めちゃくちゃ嫌な顔をする紫耀くん。
岸「なんでだよ!なんで嫌がんの?」
会場爆笑。嫌がる紫耀くんのお顔も可愛かった(甘々)


岸「盛り上がってますね、今年も何より」
唐突な岸くんの発言に会場爆笑。
神宮寺「岸くんは気を遣ってくれたんだよ!みんなも気を遣おうよ!」
神宮寺さんナイスフォローw
岸「だって盛り上がってるよね?」
岩橋「岸くん、今日髪型かっこよくない?」
岸「お前が言うとディスってるように聞こえるわ」
みんなの姫である岩橋さんに対しても、グイグイいく岸くん好きだよ。


紫耀くん『dial up』
曲初めに電話のポーズを取る紫耀くんは可愛いのに、そのあとの”Ready?”はめちゃくちゃかっこよくて、高低差に耳がキーンってなった!!!!dial upといえばNYCが頭に浮かぶ元NYC担の私……関ジュの曲なんだね。

紫耀くん『LOVE SONG』
こ、これは平野公演を語る上では欠かせない曲だよね??最初、出た〜山ピー!!失恋ソングー!!とか言ってた自分を殴りたくなるよね。

紫耀「えーここでですね。ぼく、普段恥ずかしがり屋なんで、こんな機会にみなさんにですね。いつもの思いを伝えたいと思います。」

これ本当にビックリした!この時点での私の動揺→この曲、セリフソングなの?恥ずかしがり屋なのは知ってるよ。何言うの?心の準備できてないんだけど、ちょっと待って!

紫耀「えーファンの皆さん。いつも応援してくれて本当にありがとう。これからも何十年後もですね。ありがとうと言わせてください。そして、一生僕についてきてください。…………愛してるよ」

鈍器で頭を殴られたみたいに衝撃を受けた。こんな、こんなまっすぐなメッセージを言われると思わなくて、危うく泣きそうになった。一生ついていくよー(泣)



天才松松『村木ママのおはロック』
いやいやいやいやさっきまでのしんみり返せーーーってなるくらいの高低差w面白くて面白くて面白くて、笑いが追いつかないくらい面白かった

天才松松『BYAKUYA』『エレクトリックショック』『NEWSの国名のやつ←』『CrazyMoon』『24-7』
すみません、ここらへん感想省きます…知ってる曲ばかりで、ダンスが見ていて気持ちいいくらいに上手かった!

みんな『無邪気な時間は過ぎやすく』
紫耀くんが雑誌でこの曲を好きって言ってた時に歌ってほしいなって思ってたから、めちゃくちゃ嬉しかったー!自分のパートじゃない時もずっと歌ってる姿が印象的だった。

princeメドレー
これまだ省いてごめんなさい。プリさんはワイルドな闘志メラメラな曲もキラキラアイドル曲も似合うんだよね〜

紫耀prince『勝つんだWin』
イントロ聴いた瞬間に目の溝みたいなとこが熱くなった…まさか歌うとは思ってなかったからビックリして、そして自分が好きになった頃の紫耀くんも歌ってたなって思い出して……
やっぱり勝つWinは無条件で盛り上がるんだよね〜ジャニヲタなら好きな一曲。


という感じで色々と端折ったけど、もう手が死にそうなのでお許しください。
私、あんまり初演に入れことがなくて、初演の雰囲気が苦手だったんです。なんか無駄に緊張してお腹とか痛くなっちゃうから……。でも、とっても楽しかった!
そして、この公演で一番感じたのは、天才と松松の気合いと気迫。本当に凄かった。ステージに立てている喜びがパフォーマンスに全て現れていた。ステージに立って、マイクを持って歌えるって当たり前のことじゃないんだよね。これは紫耀くんからは感じられなくなってしまっている部分だったから、新鮮だった。

紫耀くんがくれたメッセージにどんな意図があるか分からないけど、その精一杯を受け止めて、返すことができたらいいなって思う。紫耀くんが好きだーーーー(結局)