無邪気な時間は過ぎやすく

平野紫耀くんは研究対象。

僕が溶かしてあげる



ジャニーズフューチャーワールドfrom 帝劇 to 博多座 を終えて。






※珍しくちょっとだけ本音を語ります?










博多座のレポや感想を読んでいて、誰もが高評価だったので、私もすごく期待して観劇しました。私が初観劇したのは9/29。観劇中に色んなことを考えてしまって、全力で楽しめなかったのが心残り。

紫耀くんが疲れてるとか手紙のシーンでとか、いろんな情報を得てから見てしまったから、自分もそういった目線でしか見れていなかったと反省した。個人的にフライングの時の紫耀くんの表情があまりにも辛そうで、見ているのが辛かった。舞台を楽しむというより、心配な気持ちが強くなってしまっていた。

そして、入った次の日、千秋楽の日。この日もとても苦しそうにしてはいたものの、その苦しみの中に必死さが伝わってきて、私も紫耀くんが表現してくれるものをきちんと見なくてはいけないという気持ちになった。このメンバーで博多座に立つのはこの日が最後。Jr.ってとても儚くて、同じメンバーで同じ舞台に立つことってなかなかできないんだよね。その切なさがまた魅力なんだけど。


最後は拍手がこれでもかっていうくらい鳴り止まず、演者たちが出てきて挨拶。

紫耀くんの挨拶がとても紫耀くんらしくて素敵だった。

東京の舞台を地方に持ってくることの責任や不安。そして、その舞台の座長をやることへの大きな不安。それと同時に自分にそれくらいの期待がされていることへのプレッシャー。紫耀くんは全てをきちんと感じていた。そして、何より仲間への感謝の言葉。


”僕は色んな人に支えてもらって、この博多座公演を終わりにすることができるんじゃないかと思います。”


という言葉がとても好きだと思った。紫耀くんは色んな人に支えられて、”座長”になれたんだね。


エンターテイメントの化け物だし、底知れない才能を持っている紫耀くんだけど、ふと見せる儚い切ない表情を見ていると、この人を1人にしてはいけないと思ってしまった。

紫耀くんの周りにはいつも誰かが居て欲しい。1人でも生きていけるけど、1人で生きたいわけじゃないんだよね。ただ1人で生きていけてしまうの。でも、誰よりも誰かと一緒にいたいと思っているのかもしれない。だから、彼は”愛”されることを誰よりも求めるのかもしれない。(ただの憶測ですが。笑)







#ジャニヲタとコスメ をやってみる


#ジャニヲタとコスメ のタグをTwitterで検索して見るのが大好きなので、自分でもやってみた。


最近、デパコスにハマってるけど、なんだかんだコスメ<<<チケ代になってしまうジャニヲタです。


≪ベースメイク≫


下地はエスプリークのテカリ防止化粧下地EX


Tゾーンが油田並みにテカる人間なので、テカリを防止できる下地を追い求めてますが、これ使ってもテカリます(笑)青ベースの下地なんですが、青ベースの肌の赤みを消してくれるらしいです。



もう1つたまに使っているのがIPSAのスーパーマットコンシーラー



ファンデーションはクリニークのビヨンド パーフェクティングファンデーション


パウダーはチャコットのフィッシングパウダー


f:id:hrnmrhr:20160922173834j:plain


≪アイメイク≫


アイシャドウは昔買った100均のやつ。ベージュしか使いません(笑)


ちょっと華やかにしたい時にはその上にエクセルのキラキラシャドウをのせる


アイライナーは絶対にリキッド!特にこだわりはなくて今はヒロインメイクのブラック


ビューラーは資生堂で、マスカラはキャンメイクのフレアリングカールマスカラ

睫毛はカールが命です(笑)



≪チーク≫


チークは今はもう廃盤だと思うんだけど、モデルの菅野結以ちゃんプロデュースのブランド メリッシュの青みピンクとキャンメイクのパウダーチークのネクタリンピーチ


f:id:hrnmrhr:20160922180112j:plain



≪リップ≫


リップバームはJILL STUART

パッケージも可愛いし、いい香りだし、保湿力が素晴らしい!


リップもJILL STUART

ジルはパッケージが可愛くて、きゅんきゅんします。


グロスはマジョリカマジョルカ

細かいラメが入ってるし、いい香りだから、オススメです♡


f:id:hrnmrhr:20160922180948j:plain




めちゃくちゃ適当な紹介になってしまった(笑)

自分にお金をかけられるくらいの余裕が欲しいです……














咲かせてやれ。



勝利ソロの感想の記事を書こうとしたけど、思い返すと勝利ソロに関しては書きたいことが多すぎて、話をまとめるのが無理だったから力尽きた。

ってなわけで、来週のからついに始まる平野紫耀くんが座長の舞台「ジャニーズ・フューチャー・ワールド」への期待を込めた記事を適当に書いてみます。



ジャニフワ(ヲタは略語を作るのが上手い)が決まったのは5月4日の夜中。私はWelcome to SexyZone Tourで大阪に居た。大阪のホテルで眠れなくて、夜中にTwitterを見てたら、英文の新聞記事とともに青いスーツを着た紫耀くん。ジャニワ?座長?博多座?という感じで何が起こっているか分からず錯乱していた。

一夜明けて新聞記事とかWSを見て、これは現実なんだなって実感がわいてきたのを覚えてる。

前回のジャニーズワールドにおける紫耀くんの出番の多さと活躍っぷりがすごくて、友人に「次は紫耀くんが座長やると思う!」って熱弁してたから、自分がヒロムかと錯覚した(大袈裟)


担当というフィルターは十分にあるけれど、私は紫耀くんに対して自信を持っていたから、座長をやるって決まったとき、驚きよりもつ、ついに!っていう気持ちの方が大きかった。座長っぽくないとか言われてるけど、座長っぽくないのが紫耀くんらしさであって、座長っぽくないのが紫耀くんに座長をやらせるのが社長なんだよね。


いろんなインタビューで「この舞台を成功させて、海外へ…」みたいなことを言っていて、むしろ言わされていて?、舞台をただやり遂げるんじゃなくて、その先の未来を見て、この人は生きてるんだなって思った。


座長は舞台の顔だと思う。顔ってすごく大事なんだよね。人の第一印象を決めるのは7割が顔だから(何の話)


舞台の評価は紫耀くんへの評価にも直接的に関わってくると思う。それはすごく苦しいし、辛いことでもあると思う。でも、誰かの前に立つことって、そういうことなんだよね。


精神的にも、体力的にも、本当に本当に本当に大変だと思う!ただただ無事に終わることを私は祈ります。一生懸命に目の前のことを頑張っていたら自然と結果はついてくるはず。見てくれている人はいるはず。


さあ、平野紫耀の新しい時代の幕開けだ。








私のヲタクとしてのスタンス。





昨晩このような呟きをした。これは安井くんのこの言葉を受けての呟きでした。



f:id:hrnmrhr:20160910102117j:plain



長年ヲタクをしていると、だんだん自分のヲタクとしての力の入れ方みたいなものが分かってくる。私にとってジャニーズは生活に潤いを与えてくれるものであってほしい。ベースは自分の人生であって、そこにジャニーズがプラスされると、もっと人生が楽しくなるみたいな。

しかし、紫耀くんを応援し始めて、この人を1秒でも見逃したくないという気持ちが働き、そのバランスが崩れそうになった。

私にとって紫耀くんはデビューに一番近い存在であって、だからこそ紫耀くんが起こすデビューという奇跡を見逃したくないという気持ちと今応援しているならデビューまで見届けなくてはという気持ちで謎の義務感が生まれた。

ジャニヲタは趣味であって仕事ではない。そこに義務感なんてないのに、熱量があまりにも高くなって、義務感でジャニヲタをするようになってしまっているのだ。


(だんだん自分が何を言いたいのか分からなくなってきた)



私は自分が呟きが紫耀くんに興味を持った誰かの背中を押せたらいいなって思う。自分の言葉で紫耀くんを応援するのって楽しそうだなって思ってもらえたらいいなって思う。そんなことを思いながら一応ジャニヲタをしている。


そして、紫耀くんが何かを頑張る時の理由にファンの存在が居てくれたら、それでいいと思う。ファンの存在が原動力になれたらいいなって思う。


ただの願いと思いをつらつらと書いた意味の分からないブログになってしまった(笑)とにかくなんだかんだ言いながらも私は紫耀くんが好きで、沼からまだ抜け出せそうにはないです。











ジャニヲタ収納術とまでは言えないただの収納。




ジャニヲタをしていて、困ることは写真・雑誌・うちわなどのものがひたすら増えていくこと……

積み上がっていくそれらを見ながら、どうにかしなくてはと思い、少しだけ収納したので、その収納方法をご紹介します。



◎写真

写真は無印のものを利用しています。中の袋もしっかりしていますし、見やすいです!


f:id:hrnmrhr:20160906180627j:plain

f:id:hrnmrhr:20160906180459j:plain

↑闇で10枚以上買うと貰える2L版がここに入ります(笑)




◎ステフォ

数年前からステフォがなぜか2L版になり、そんなケースないよって嘆いてたら、こちらのケースを見つけました!


「EASY STOKER mp」

f:id:hrnmrhr:20160906180852j:plain

f:id:hrnmrhr:20160906181154j:plain


これの好きなところはステフォが袋のまま入っちゃうところ!このサイズのステフォがいつまで続くか分からないけど、紫耀くんは今後も舞台に出るみたいなので、期待します(笑)



◎新聞

新聞を収納するためにseriaでA3サイズのファイルを買いました!


f:id:hrnmrhr:20160906181628j:plain


中の袋がペラペラだけど、サタジャニに紫耀くんが丸々入ったから、嬉しい♡かっこいい♡


f:id:hrnmrhr:20160906181757j:plain


小さい記事は切ってから、画用紙に貼って、入れています!あと新聞の裏側に画用紙を貼ると入れやすいです!

f:id:hrnmrhr:20160906181957j:plain


この前のスポーツ報知の記事は大きすぎて、どう保管していいか分かりません(笑)


◎雑誌

雑誌はMyojo.ポポロがA4ワイドファイルで、TV誌やWU.POTATO.duetがA4ファイルです。多分文房具屋で買ったやつ(どこか忘れました)



f:id:hrnmrhr:20160906182451j:plain

f:id:hrnmrhr:20160906182731j:plain


雑誌の解体をする度にもう2度と雑誌は買わないと心に誓うの、買ってしまう………



◎DVD.BD

ダビングしたDVD.BDはこの120枚入るファイルにまとめていれてます!

f:id:hrnmrhr:20160906183012j:plain

f:id:hrnmrhr:20160906183135j:plain


たくさん入るからジャニヲタには有難い。日々容量との戦いだから……



◎会報

最後は会報です!会報にピッタリなファイルがなかなか見つからず、ちょっとサイズ違うけど可愛いから、サンリオの領収書ケース?みたいなのを使ってます!


f:id:hrnmrhr:20160906183358j:plain

f:id:hrnmrhr:20160906183438j:plain




という感じで、普通に収納してます。次はポスターが入るサイズのファイルとトランプを入れるために無印のカードファイルを買いたいです!










変わっていくこと、変わらずにいること。



スポーツ報知買いました。読みました。


爽やかな笑顔のどアップが目を引きます。でも、テキストは意外と深くて、熱くて、なんだか色んなことを考えさせられてしまった。


こうやってエピソードを小出しにしてくる辺り、やっぱり賢いなぁと思いました。


Mr.KINGとして夏のサポーターという大役や写真集発売というJr.としての異例の活躍っぷりを経てきて、グループに深く入れ込まない紫耀くんも自分が”Mr.KINGの平野紫耀”であることを意識したのかもしれない。

でも、それだけじゃなくて、自分が育った”関西”という場所に対して、感謝と敬意を示す言葉もあった。


色んなファンに対しての気遣いの溢れる発言だなと思った。でも、ただの上辺の言葉じゃなくて、秘めた野心みたいなものも語ってくれて、紫耀くんの核となるものが垣間見れたような気がした。


ファンであるからこそフィルターはかかってると思うけど、人気・実力・仕事量がジュニアの中でもトップ並みなのに、自分の成長を実感していないと語ってるらへんがやっぱりこの人は凄い人だなって思った。

決して驕らない。現状に満足しない。そんな紫耀くんに私は惹かれてしまう。


秋の座長を前に不安な気持ちを払拭するかのような強気なインタビューの内容。

小出しでいいから、雑誌とかでまた内に秘めた思いを語ってくれたらいいな。



夏の終わりに思うこと。

 

Mr.KING 写真集発売おめでとうございます!

ついさっき届いた写真集を読みながら、とても感慨深い感情になりました。

写真集だけでなく、双六やトランプ、ポスター、シールが付いていて、ちょっと対象年齢は低めかな?なんて思いながらも、その豪華さがMr.KINGが背負う期待なのかなと考えていました。

 

私は映像や現場が好きで、紙媒体はあんまり好みではなかったのですが、やはり写真集となると全く違うなと感じました。自分の好きな人だけが載っている本なんて、この世でこの写真集しかないのです。めくっても、めくっても好きな人がいる世界がとても素晴らしい。

 

そして、何より紫耀くんのメッセージを読んで、やっぱりこの人には敵わないと思いました。

ファンとアイドルは会話ができる関係ではないけれど、こちらの気持ちはアイドルにきちんと伝わっているんだね。紫耀くんは本当にアイドルとして出来ている人だ。こちらの気持ちを絶対に置いていかないところがたまらなく好きだ。そして、それをきちんと言葉にして、自分たちのファンが見る場所で伝えてくれたことが何より嬉しい。いつもありがとう。

 

 

PON!であんなに素敵に紹介されたことも嬉しい。単純に凄い!

 

Jr.という不安定且つ流動的な位置にいて、どういう立ち位置なのか分からない宙ぶらりんな立場にいるMr.KINGだけど、余計なことを考えずに、彼らのありのままの姿を素直に受け止めたいと思った。

 

どうなるか分からない未来を考えて暗くなるより、目の前のキラキラとした彼らを見ていたい。